賛助アーティスト

加藤 昌則

加藤 昌則 Masanori Kato

作曲家・ピアニスト

横浜市栄区出身。
東京藝術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。

作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評があり、多くのソリストに楽曲提供、共演ピアニストとしても評価が高い。
王子ホール「銀座ぶらっとコンサート Caféシリーズ」(企画・ピアノ)、東京・春・音楽祭「ベンジャミン・ブリテンの世界」(企画・構成)など、独自の視点、切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力にも注目を集めている。

作品は2012年オペラ「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞)、2018年「Sixteen Montage」(セントラル愛知響委嘱作品)など。

最新CDは「PIANO COLOURS」(エイベックス・クラシックス)。
2016年よりNHK-FM「鍵盤のつばさ」パーソナリティーを担当。
2019年4月長野市芸術館レジデント・プロデューサーに就任。
NHK2020応援ソング「パプリカ」の合唱編曲を手掛けている。

ホームページ:http://www.masanori-music.com/

その他:https://www.facebook.com/masanorikato02/